株式会社クラウドアーチ

NEWS/コラム

初期費用のかからないAmazon Connectのメリット

2021.05.10

Amazon ConnectはAWS(Amazon Web Service)が提供するクラウド型コンタクトセンターサービスです。従来のコールセンターシステムにはないメリットがあるため注目を集めています。

では、Amazon Connectにはどのようなメリットがあるのでしょうか?この記事では、Amazon Connectのメリットを紹介します。

Amazon Connectとは

Amazon ConnectはAWS上でコンタクトセンターシステムを構築できるサービスです。

電話回線、PBX、ACD(着信時の自動分配)、IVR(自動音声案内)などのコンタクトセンターシステムに必要な機能を予め備えています。

また、SalesforceなどのCRMシステムとも連携でき、着信と同時に顧客情報をポップアップで表示させるなど、オペレーターにとって必要な情報を適宜に提供します。

Amazon Connectのメリット

では、Amazon Connectのメリットにはどのようなものがあるのでしょうか?ここではAmazon Connectのメリットを3つ紹介します。

初期投資が不要

Amazon Connectの最大の特徴は「初期投資が不要」という点です。

従来は電話回線、PBX、電話機などハードウェアの購入費用、コールセンターシステムの導入費用など、高額な初期投資が必要でした。

しかしAmazon Connectの料金体系は使った分だけ料金を支払う従量制となっています。このため、初期投資が不要で使用することができます。

コンタクトセンターシステムを圧倒的短期間に構築できる

2つめの特徴は「コンタクトセンターシステムを圧倒的短期間に構築できる」という点です。

従来は電話回線やPBX(機内交換機)などのハードウェアやコールセンターシステムなどのソフトウェアを自社で用意する必要がありました。しかもシステム導入には半年から1年かかるなど、サービス開始までに長期間必要です。

しかし、Amazon ConnectはGUIで数回クリックするだけで電話回線、PBX、ACD、IVRなどの設定が可能です。このため、従来のコールセンターシステム構築に比べて圧倒的短期間に構築できます。

柔軟にサイジングを行うことができる

3つめの特徴は「柔軟にサイジングを行うことができる」という点です。

先にも述べたように、従来は長期間のシステム構築期間が必要なため、ピークに達してしまうと簡単に拡張できないというデメリットがあります。

しかしAmazon Connectは簡単な画面操作で設定できるため、利用状況に合わせて環境を変更することができます。

まとめ

この記事では、Amazon Connectのメリットを紹介しました。

Amazon ConnectとはAWS(Amazon Web Service)が提供するクラウド型コンタクトセンターサービスです。従来のコールセンターシステムに比べて「初期投資が不要」「圧倒的短期間で構築可能」「柔軟なサイジングに対応可能」などのメリットがあります。

もしコンタクトセンターシステムの開設を検討しているのであれば、Amazon Connectの利用をおすすめします。

本記事の執筆・監修

江戸 達博

株式会社スカイアーチネットワークス 代表取締役社長
前職のSI企業で、24時間365日対応のサーバー管理事業を立ち上げ。大手出版社・ゲーム業界の基幹ネットワークの設計構築・運用保守のコーディネートから、サーバー作成、深夜の障害対応まで広く携わる。

  • facebook
  • twitter
Pagetop